福井市内から高速バスで大阪へ移動してイケア舞浜へ向かう

 

 

11月21日土曜、久しぶり(8カ月振り)の旅に出ました。

行程は以下の通りです。

福井(自宅)→大阪→徳島→高松→西条→尾道→福井

当初の計画では西条から松山に出てフェリー利用で呉市へ入る予定でしたが、実際には仕事都合もあり多少のショートカットになりました。

場所の選定理由ですが、大阪は家具(ソファ)購入のため、徳島・高松は一昨年の四国旅行で行けなかった場所、西条は友人のお墓参り、尾道は初めての場所という内容です。

移動は基本的に鉄道・高速バス利用、宿は当日ネット予約利用。

食事は地元の方々が訪れるお店を中心に、観光は見晴らしよいスポット・地元の歴史が分かる博物館・日帰り温泉施設などをチョイスしています。

4泊5日で予算約5万円で予定を組み、楽しそうで価値ある体験が出来る内容については金額関係なく利用するという方針。

短い旅のため小さいリュックに最小限を積んで移動しています。

ノートPC・タブレット・スマホを持ち、必要に応じて作業(仕事)を行いました。

旅の記録はこの記事含めて数回に分けて掲載する予定です。

 

福井駅から高速バスに乗り大阪に向かいます。

元々は鉄道(サンダーバード)利用する予定だったのですが、前日の作業が押したりで出発が昼過ぎになり、急遽ネット予約で確保してこちらに飛び乗りました。

この日は週末の観光シーズンということもあり所要時間約4時間30分と少し長く疲労度やや高めでしたが、片道2,600円と距離換算だと格安路線でした(鉄道だと6,000円程度)

基本的に地方バスは空いていることが多いので、調べると良い感じで利用出来ます。

 

イケア舞浜店に到着。

到着したのが19時を回っていましたが、事前に見学する商品を決めてきたので直ぐに終了。

長時間作業で腰に負担が掛かってきたのでソファを。家具をネットだけで購入することはリスクが高いので。

なんば駅からイケア舞浜店へは直通バスが出ています。イケアの広告がラッピングされているので直ぐ分かる。

 

イケア舞浜店内にある巨大物流スペースの様子。

 

この日の宿は、コートヤードバイマリオット大阪本町。

なんば駅から徒歩15分程の場所にあります。

 

当日予約のためシングルベッドの部屋は取れず、こんな部屋に宿泊しました。

清潔感があって良い部屋でした。

 

ソファも広々。

 

アメニティ類も充実しています。

アイスペールが置いてあるホテルはあまり見かけなかったのでうれしい。

 

洗面台がベッドに向いている仕様はあまりない形式に思いますが、外資系ホテルだからかな?

清潔感のレベルが高いのでそれほどの違和感は感じられない。実際に利用すると水がベッドに多少は跳ねるので、嫌な人は嫌かもしれないですね。

 

シャワー形式の浴室。

こちらの部屋含めて全てのスペースがバリアフリーになっていて、かなりリラックス出来る仕様になっています。

 

トイレも綺麗。

 

 

大きな収納スペースがない設計のため、開放的な造り。

こちらのホテルは非日常を楽しむというよりも日常をリラックスするようなコンセプトのように見受けられました。

 

夕食はなんば駅前にある「丑寅」さんへ。

こちらは事前調査では非常に評価のポイントが高く、楽しみにしていたお店でした。

 

チューハイを頂く。

あれこれ迷わずにチューハイ一択で飲み物を楽しんでしまう50歳。

こちらは立ち飲み屋さんですが、この日はほぼ20代のカップルで埋まっていました。

 

鳥刺し3種盛り。非常に美味かったです。量も申し分ない。

こちらでラストオーダーでしたので、人気メニューかもしれません。

 

お酒も頂きました。こちらも量がたっぷり。

 

もつ煮。

お通し的な内容を予想していたのですが、かなり本格的な内容でした。

分かっていたことですが、大阪の食レベルは本当に高いですよね。

 

夕食を終えて、この日は終了。

次回記事へ続く。

 

まとめ

ここまでお読み頂き、ありがとうございます。

本記事では

当ブログへのまたのお越しをお待ちしております。

 

合わせて読んでほしい記事

釧路湿原の景色を楽しんで帯広へ移動した1日