ゆるい旅2022年5月 その1 福井市・関西国際空港・札幌市・旭川市・稚内市


 

今回の5月旅では、北海道を縦走するかたちで周遊することにする。

約2年前、2020年7月に訪れた際には道内を横断するかたちだったのだが、その際に行けていない場所へ向かいたい。

具体的には、稚内・北見・網走・阿寒摩周国立公園・根室・襟裳岬などがそれに当たる。

JR北海道の周遊パス(6日間乗り放題)を利用して、可能な限り観てゆこうと思う。

ワーケーションを行いつつ、有用な情報をSNSなどで発信しながら進めていきたい。

 

今回の旅では、新しくメッセンジャーバッグ(トポロジー ペーサーメッセンジャー ドライ)を購入させて貰った。

MacBook Air13inch、iPad、キーボード、マウスなどを全て入れることが出来る。

旅先では重要な雨除け機能があり、収納スペースも大きいので使い勝手が良い。

また、剛性も程よいので重量の負担を軽減出来る。

 

福井駅から特急サンダーバードに乗車し、大阪から乗り継ぎで関西国際空港まで向かう。

合わせて約4時間の行程。

 

関西国際空港からジェットスターに乗り、新千歳空港へ向かう。

約2時間のフライト。平日だがほぼ満席だった。

 

17:00、札幌市に到着!

本州に比べるとやや肌寒く、上着が1枚必要な気候。天気は上々。

 

この日は「ホテルリリーフ札幌すすきの」に宿泊。大浴場・朝食付きで約3,000円と非常にリーズナブル。中心街にも近い立地。

流石に人気があるらしく賑わっていた。

作業をこなして1日目が終了。

 

飛んで翌日、札幌から旭川へ移動。

次の便まで3時間半ほど時間が出来たので、街歩きをしたり作業をしようと思う。

 

 

旭川駅前は綺麗に整備されている。

 

旭川ラーメンで有名どころの「青葉」さんを訪問。

 

シンプルな醤油ラーメンが美味しく、接客も素晴らしい。

 

1時間ほどカフェで作業を行う。

 

それでも時間が余ってしまうので、立ち飲み屋で少しだけお酒をいただく。

 

13:30分、旭川発稚内行きの特急に乗車。ここから約4時間。

 

かなり余裕のある座席なのでくつろぐことが出来る。

 

旭川から稚内までの車窓は素晴らしく、自然豊富な光景が続く。

 

 

 

 

17:30、稚内駅に到着。

 

稚内は国内最北端の駅ということで、この線路が最終となる。

 

この日宿泊するホテルは駅からやや距離があるので、事前に夕食をすませておく。

 

ざんぎ定食をいただく。写真では分かりにくいのだが、かなり巨大な唐揚げだった。

でか盛りといって良いぐらい。

 

まとめ

ここまでお読み頂き、ありがとうございます。

本記事では「ゆるい旅2022年5月 その1 福井市・関西国際空港・札幌市・旭川市・稚内市」をお届けしました。

当ブログへのまたのお越しをお待ちしております。

 

合わせて読んでほしい記事