伝わる文章が「速く」「思い通り」に書ける 87の法則 山口拓朗(著)

ブックレビュー


本書を手に取ったきっかけ

 

ライティングについて学ぶことで、ブログやSNSの文章を読みやすくしたいからです。

考えていることを正しい日本語で伝えたいので、まずは基本的なルールを知ろうと思いました。

 

本の概要

 

伝わる文章が「速く」「思い通り」に書ける 87の法則

山口拓朗(著)

出版社: 明日香出版社 (2014/1/18)

 

仕事やプライベートで文章を書く機会が多いのだが、なかなか上手に書けないし、
時間がかかってしまう、という人は多いでしょう。文章が下手だと、
書いた本人は理解していても、読んでいる人はちんぷんかんぷん。
「いったい何が言いたいの?」と言われてしまいます。そんな悩みを解消する1冊です。

本書は、文章を書く準備・文章を速く書く方法・内容を簡潔に書く方法・
相手に分かりやすく書く方法・正しく、恥ずかしくない文章を書く方法・
読みたくなる文章を書く方法などを87項目でまとめました。
また、「ワードの便利な使い方」や「うけるブログの書き方」など、
かゆいところまで手が届く1冊となっています。

企画書・報告書・日報の作成から、メールやSNSの投稿記事などあらゆる文章に対応。

引用

本書により得られる変化

 

本書は正しい日本語の書き方を分かり易く解説しています。

87項目の内容がそれぞれ見開きで構成されているので、辞書的に利用することが出来るのが便利です。

知っている項目は飛ばし、知らない項目を集中して学ぶという使い方が出来そうです。

 

▲ 見開きの構成で分かり易い。

 

私はライティング初心者で、4章・5章に書かれている、文法の基本的なルールを読んだことが役に立っています。

分かっているつもりでも、書き方の癖があることに気付かされました。

不思議なもので意識するだけで文章の質は上がるように想います。自己評価の範囲ではありますが。

文章を書いたあとに必ず内容を見直す習慣がついたことも良かったです。

作品後半のSNS・メールの書き方については専門書のほうが分かり易いと感じましたが、全体としてまとまった内容になっていると感じました。

 

まとめ

 

伝わる文章が「速く」「思い通り」に書ける 87の法則、お薦めの一冊です!

 

もう1記事いかがですか?

 

 

投稿者プロフィール

菊地登志雄
菊地登志雄
次世代型印刷通販サービス「同人誌印刷のきょうゆう出版」「相談出来る冊子印刷の協友」などを運営する協友印刷株式会社の専務取締役。1971年11月16日生まれ。O型。詳しくはこちら