最近のトレーニング・ダイエット・睡眠の質向上について書いてみる

トレーニング・健康・医療


 

2018年12月16日の日記

この1週間ほどいろいろ忙しかったので、日曜日である今日はのんびりと何もしない1日と決めた。

これまでの活動の棚卸しとして、最近ブログに書いていなかったダイエットやトレーニングについて書いてみる。

 

トレーニング

 

9月以降は忙しくランニングが出来ていないが、自宅でのトレーニングを継続中。

主にダンベルを利用したトレーニングとスクワット。

現在ダンベル24kg、スクワット70〜80回のペースで毎日1時間ほどを継続中。

 

 

 

▲トレーニング器具

 

筋力トレーニングはやればやるほど気持ちが前向きになるので、おすすめしたい。

記録を取るのが継続するコツだと思う。

ランニングが出来ていないのが今後の課題なので、またブログでアウトプットすることを検討してみる。

 

ダイエット

 

10月〜12月は増量期間と決めて、糖質制限を一部解除している。

1日のうち1〜2食に糖質を入れている感じだ。

 

ダイエット自体はすでに習慣化されているので問題は無いが、カロリーオーバーには気を付けている。

最近、睡眠の質を改善するために夜の飲酒を控えていて、ダイエットにも相乗効果が出ている。

良い傾向。

 

1月〜3月は減量期として糖質制限を再開する予定。

 

 

睡眠の質を改善中

 

ダイエット・トレーニングに取り組んでいるうちに、自然と課題を感じるようになった「睡眠の質」。

現在試行錯誤しながら取り組んでいる。

 

睡眠の質を上げていてプラスになったことは多い。

 

・思考の質が上がる

・行動の質が上がる

・考え方が前向きになる

 

など。

 

特に臨機応変の対応に関しては、睡眠の質を上げることでかなり効果が出ると実感している。

 

8時間しっかりと睡眠を確保するのが理想。

 

 

まとめ

 

トレーニング・ダイエット・睡眠の質向上について、現状をまとめてみた。

これらの活動の効果として総じていえるのは、ストレス耐性・課題解決力の向上だったり、生活の質の改善だと思う。

ネガティブになったら、トレーニングをして美味しいものをほどほどに食して寝る笑

これで大体解決出来る笑

今後も継続しつつブログでのアウトプットを進めていこう。

 

投稿者プロフィール

菊地登志雄
菊地登志雄
次世代型印刷通販サービス「同人誌印刷のきょうゆう出版」「相談出来る冊子印刷の協友」などを運営する協友印刷株式会社の専務取締役。1971年11月16日生まれ。O型。詳しくはこちら