劉邦(高橋のぼる)難しい題材にもかかわらず素晴らしい作品【マンガ書評】

書評

 

 

ここ数ヶ月で書店でみつけた作品のなかで一番の作品。

「史記」の漫画化。

本作は2000年以前の中国を舞台にした史実に基づいた物語。

中国史上最も代表的な帝国をつくりあげた「劉邦」を主人公に展開していく。

高橋のぼる作。

劉邦(高橋のぼる)難しい題材にもかかわらず素晴らしい作品【マンガ書評】

 

史記・劉邦は描くのがむずかしい。

少年マンガを思い出してほしいのだが、主人公の多くが「実は血筋が〜」というキャラクター設定は多い。

本作の主人公は家や血筋とはまったく無関係な、県庁に勤める元不良の遊び人である。

当時、そのような境遇だった人間は多くいたに違いない。

「史記」という原作があるとはいえ面白い物語を作るにはハードルが高いのではないか、と以前から思っていた。

 

魅力あるバイプレイヤー達に支えられる本作

 

魅力的なバイプレイヤー達によって、本作は素晴らしい作品になっている。

一見単純にみえるが、かなり計算して描かれているのではないだろうか。

歴史物語にありがちな「このキャラクターにこの描き方はないのでは?」という部分が見当たらない。

それぞれのバイプレイヤー達の光陰を実に的確に描いていて、むしろこんな表現があるのかという新しい発見がある。

(唯一始皇帝のみ違和感があるが今後に期待したい)

自分の勉強不足を気持ち良く解消してくれてもいる。

 

まとめ:これからの展開に期待

 

連載中の本作の今後を楽しみにしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

投稿者プロフィール

菊地登志雄
菊地登志雄
次世代型印刷通販サービス「同人誌印刷のきょうゆう出版」「相談出来る冊子印刷の協友」などを運営する協友印刷株式会社の専務取締役。1971年11月16日生まれ。O型。詳しくはこちら