SNSで夢を叶える ニートだった私の人生を変えた発信力の育て方(ゆうこす 著)【書評】

書評

 

元アイドルでニートだった「ゆうこす」がどのようにしてSNS発信力を身につけたのか。

印象に残った部分を記事にまとめました。

 

好きなSNSアカウントをみる!

 

著者は価値観が近いSNSアカウントを2000ほどピックアップして、そこから本当に好きなものを絞り込んで参考にしたとのこと。

またリツイートやいいねをされたアカウントをしっかり確認するなど徹底しています。

その真剣度と好きなものに対する集中力が凄い。好きだからできることですね。

アイデンティティと好きなことが一致するとそれは他の人にはない自分だけの強みになる、という言葉が響きました。

 

複数のSNSを使いそれぞれの特性を生かす

 

多様になっているSNSをどのように使いこなしていくのか。

複数のSNSを同時に使うことで相乗効果でフォロワーを増やすことができる。

そして、知ってもらう入り口は多ければ多いほど良い。

ということですね。

本書ではTwitter、Instagram、ブログ、youtubeなど、それぞれのSNSの特性を生かした利用方法を具体的に明示してくれています。

Twitter:共感・拡散型のメディア
Instagram:検索・掘り下げ方のメディア
ブログ:SNSのなかで一番掘り下げ型のメディア
youtube:観るだけなので交流の要素が一番少ないメディアだが、発信者が少ないので目立ちやすい

 

 

まとめ

 

本書はSNSに関する視点が鋭くとても勉強になりました。

私も複数のSNSを利用するという発想まではありましたが、その特長をどのように生かすかについての工夫が素晴らしく参考になります。

みにきて頂ける人に喜んでいただけるようなSNSアカウントをつくっていくヒントを頂きました。

感謝です。

 

 

 

投稿者プロフィール

菊地登志雄
菊地登志雄
次世代型印刷通販サービス「同人誌印刷のきょうゆう出版」「相談出来る冊子印刷の協友」などを運営する協友印刷株式会社の専務取締役。1971年11月16日生まれ。O型。詳しくはこちら