特化型から総合型へ T字型サービス構築戦略のススメ【ECサイト運営】

アイキャッチ:EC
アイキャッチ:EC
ECサイト運営

 

ひとくちにECサイトといっても、さまざまな形態があります。

 

大別すると

・総合型サービス
・特化型サービス

に分けることができます。

 

総合型サービスは「アマゾン」「楽天」、特化型サービスはその他1つの商品の販売に特化したサービスと言えます。

新しくサービスを構築する場合はどちらを選択すれば良いでしょうか。

 

T字型サービス構築のススメ

 

おすすめするのは、「特化型サービスとしてスタートし、総合型に変化していく」ことです。

 

ご想像いただけると思いますが、新サービスを構築するさいにいきなり総合型サービスを立ち上げようとしても、なかなかうまくいかないと思われます。

 

したがってまずは1つのカテゴリーに絞った売り方を行うことが、立ち上げへの近道です。

1つの商品に対して全力で当たり勝ち方を学んで、その手法を横展開していきます。

 

なぜかというと先日の記事でも書きましたが、自社で売っている商品が必ずしも競争力があるとは限らないからです。

ネット通販でモノやサービスを売るためには、現状よりも付加価値をつけて行く必要があります。

 

付加価値=自社の強みのケースが多いので、横展開がしやすいです。

1つの商品が売れる目処がつくと他の商品に関しても売れるようになる可能性が高くなります。

 

あまり上手くまとまりませんでしたが、意図は伝わりましたでしょうか?

 

以上、T字型サービス構築のススメでした。

 

 

投稿者プロフィール

菊地登志雄
菊地登志雄
次世代型印刷通販サービス「同人誌印刷のきょうゆう出版」「相談出来る冊子印刷の協友」などを運営する協友印刷株式会社の専務取締役。1971年11月16日生まれ。O型。詳しくはこちら