昭和天皇物語 ー【書評】

11月26日のテレビ番組「ワイドナショー」で紹介された本書、早速kindleで購入して読んでみました。

 

作品のクオリティがとても高い!

本作内容はドキュメンタリーと劇作の中間という位置付けと思われますが、作品全体の質が非常に高いと感じました。

要所要所で「間」が効果的に使用されている印象で、読んでいてとても心地よいです。

 

さまざまな想像を駆り立てる内容

描かれている時代は「龍馬がゆく」や「坂の上の雲」など、幕末から明治時代までの物語の後日譚、同時に第二次世界大戦の前日譚でもあります。

私が不勉強ということもありますが、本作で描かれている時代についてはまだまだ知識がありません。

現代にもある程度近い要素があると思え、示唆に富む内容になっているとも感じます。

 

まとめ

今後の展開を楽しみに見守りたいと思います。

 

 

投稿者プロフィール

菊地登志雄
菊地登志雄
次世代型印刷通販サービス「同人誌印刷のきょうゆう出版」「相談出来る冊子印刷の協友」などを運営する協友印刷株式会社の専務取締役。1971年11月16日生まれ。O型。詳しくはこちら