iPhoneをタクシーに忘れてしまった時に行うべき3つのこと

つぶやき

 

 

 

あってはならないことですが、iPhoneをタクシーに忘れてしまった場合どのように対処すれば良いでしょうか。

 

先日私はそんな状況を経験したのですが、意外にもその場ですぐにどのようにして良いかは考えつかないものです。

 

本記事ではそのような体験に基づいて、どのような行動をすれば良いのかをまとめてみました。

 

 

「iPhoneを探すアプリ」のGPS機能で現在位置を特定する

 

 

「iPhoneを忘れてしまった」と思ったときに最初に行うべき行動は、iPhoneの現在位置を確認することだと思います。

 

「iPhoneを探す」アプリで現在位置を確認しましょう。

 

 

なくしたアップルデバイスを追跡して探す(公式):

https://support.apple.com/ja-jp/explore/find-my-iphone-ipad-mac-watch

 

PCからの確認方法:

iCloud管理画面から「iPhoneを探す」機能に入り、現在位置を確認することが出来ます。

 

iPadからの確認方法:

普段は使用しないアプリなのでアイコンの位置が分かりにくいと思いますが、App Storeで「iPhoneを探す」と検索するとすぐにアプリを開くことが出来ます。

 

 

自分の場合、外出先ではiPhoneしかネットに繋がらない環境でしたので、自宅のWi-Fi環境のiPadで確認をしました。

 

その時タクシーはすでに乗車した駅前で待機している状態でした。

 

iPhoneがどこにあるのかを確認出来るだけで、かなり安心することが出来ますので、直ぐに「iPhoneを探す」アプリで現在位置を確認することをお薦めします。

 

また「iPhoneを探す」アプリにはiPhone画面に連絡してほしい電話番号を表示したり、iPhone自体を利用出来なくする機能が備わっていますので、合わせて活用したい所です。

 

 

 

 

タクシーで渡された領収書を確認して連絡を入れる

 

タクシーにiPhoneを忘れてしまうというシュチュエーションになってしまった場合、まず不安になるのはどのようにして連絡をするかということです。

 

結論を言いますと、タクシーでドライバーさんに渡された領収書に連絡先が書かれています。

 

・タクシー会社の電話番号

・乗車したタクシー車両番号

 

上記を活用してiPhoneを忘れてしまった旨を連絡しましょう。

 

自分の場合、運転手さんの電話番号をお聴きして直接連絡をさせて頂きました。

 

 

iPhoneを受け取る

 

受け渡し場所を指定してiPhoneを受け取ります。

 

方法としては、指定場所(会社営業所など)へ行く、降車場所へ来て貰うなどが考えられると思います。

 

自分の場合、すぐに連絡を取ることが出来たので降車場所へ戻ってきて頂くことが出来ました。

 

 

まとめ

 

iPhoneをタクシーに忘れてしまった際の対処法について、記事にまとめさせて頂きました。

 

普通スマホを忘れてしまうことは考えにくいことで、私の場合も初めてのことで気付いた時は結構動揺してしまいました。

 

何しろスマホで連絡も情報も取れないのです笑。今回の経験では、まずはあわてずに対処することが大事だと思います。

 

本記事はそういうシチュエーションでウェブで方法を調べたことがきっかけになっています。

 

もしそんな状況にいらっしゃる場合、この記事がお役に立てると幸いです。

 

 

 

投稿者プロフィール

菊地登志雄
菊地登志雄
次世代型印刷通販サービス「同人誌印刷のきょうゆう出版」「相談出来る冊子印刷の協友」などを運営する協友印刷株式会社の専務取締役。1971年11月16日生まれ。O型。詳しくはこちら