引っ越し先に持ってきた書籍・写真類も全て電子化を実行中

つぶやき

 

9月13日(金)の日記

前回記事では、引越しをきっかけにほとんどのモノを手放したことを書きました。

現在住んでいるのは大型のシェアハウスで、清潔で共用部も多くてとても快適な住居です。

部屋は6畳に満たないので常にモノを減らしてゆきたいと考えています。

引越しの際にほとんどを捨ててきたのですが、電子化されていない書籍・講習会テキスト・思い出のある写真類は新居に持ってきてあります。

書籍が20冊ほど、講習会テキスト数冊、写真がアルバム数冊ぐらいですが、今後これらも少しづつ電子化してゆくことにしました。

写真に関してはグーグルのフォトスキャンというアプリがあります。少し手間が掛かりますが、急いでいるわけではないので良いでしょう。

講習会テキストはドキュメントスキャナで、書籍は業者に依頼しようと思っています。

僕は20年以上印刷会社をしてきましたので、どのようにして紙メディアを増やすことに注力してきたのですが、今はまったく逆のことを行っています。

しかし、本当のニーズのなかにこそ仕事の種があると思っています。