ココロ2.0|学びをはじめた理由

つぶやき

 

昨年末からこころの学びを始めています。

理由は2つ。

 

1つは徐々に多くの人と接し多少の責任を持つようになり、まず自分を整えたいと思ったこと。

理論上、大きくても小さくても組織が出すアウトプットは構成する人の能力の総和以上にはならない。

しかしまず、その土台がしっかりしているかどうかで大きく変化してゆく。

そのなかでまず自身の土台を整えたいと考えたことがきっかけになっている。

 

2つ目は、この数年仕事をしていて人の価値観の変化を強く感じたこと。

リーマンショック・東日本震災を境に、その数年後から強く感じている。

特に若い人たちにその傾向があるように思う。

 

スマホなどIT普及で、従来の情報格差がほとんど消えたことが大きいのではないだろうか。

年齢・性別・国籍に関係なく、等しく情報を得られる時代である。

 

その影響によりさまざまなものを明らかになり、多くのもののあり方が改めて問われ始めているように思う。

それは急に変化するわけではないが、ゆっくりと確実に静かに進んでいくだろう。

そうして今後AIITがさらに進化していくなか、私は重要になるのは「ココロのあり方」だと考えている。

 

自分のなかで「ココロ2.0」と呼んでみたい。

その必要性は増していき、重要性が大きく高まるように思っている。

 

 

投稿者プロフィール

菊地登志雄
菊地登志雄
次世代型印刷通販サービス「同人誌印刷のきょうゆう出版」「相談出来る冊子印刷の協友」などを運営する協友印刷株式会社の専務取締役。1971年11月16日生まれ。O型。詳しくはこちら