目標はばかばかしいくらいに小さくしろ! 楽しく習慣化を身に付けられる方法をブルース・リーの名言と共に紹介「小さな習慣」(書評)

書評

 

「小さな習慣」スティーヴン・ガイズ (著)  を読了。

習慣化の成功には、

  • 「たった1つのことから」
  • 「出来るだけシンプルな行動」を
  • 「毎日」行うこと

が重要であると本書は説いています。

本書内でも一部紹介されているブルース・リーの名言とともにご紹介します。

「私が恐れるのは、1万通りの蹴りを1度ずつ練習した者ではない。たった1つの蹴りを1万回練習した者だ」(ブルース・リー)

 

なりたい自分になる第一歩、それはたった1つの習慣を確実に行うことから始まる、と本書では説いています

複数の目標を持っている場合でも、まずは1つの目標に向かい出来るだけシンプルな行動をとることに集中します。

 

「頭を空にしろ。水のように形をなくせ。水をカップにそそげば、水はカップの形になる。友よ、水になれ」(ブルース・リー)

 

目標とする良い習慣を定着させるためにはなるべくシンプルな行動を繰り返し行い、潜在意識に働きかけることが有効です。

普段の私たちの行動は潜在意識にインプットされた情報に大きく左右されることが分かっています。

やるべきことよりも普段の悪習慣が続いてしまうのはこのためです。

私はダイエットを成功させるために毎朝体重計に乗ることを行っています。

 

幸せであれ、しかし決して満足するな。(ブルース・リー)

 

Be happy, but never satisfied. 

(幸せであれ、しかし決して満足するな)

 

最初に決めたシンプルな行動目標を越えてもっと進みたい!と思ったら、気持ちに正直に次のステップに進みましょう。

1日をシンプルな目標を終える達成感で満たして終えることが習慣化を成功させるコツですが、同時に上限はないことも本書では説いています。

 

まとめ

 

感想としては、とても分かりやすかったです!

習慣化を成功するためのノウハウを科学的に証明し、心理学も交えながら紹介していることに唸りました。

今後、本ブログでは「小さな習慣」を読んで実行した行動についてレポートしていきたいと思います。

 

お薦めです!

 

「小さな習慣」スティーヴン・ガイズ (著)

 

 

 

投稿者プロフィール

菊地登志雄
菊地登志雄
次世代型印刷通販サービス「同人誌印刷のきょうゆう出版」「相談出来る冊子印刷の協友」などを運営する協友印刷株式会社の専務取締役。1971年11月16日生まれ。O型。詳しくはこちら