「サービスを真似されていると感じる場合、どのように対処すれば良いのか」という質問に答える

ECサイト運営

 

8月15日(木)の業務日記。

 

今日は「サービスを真似されていると感じる場合、どのように対処すれば良いのか」という質問をスタッフから受けました。

そんなとき、僕は「気にしなくても良いよ」と答えます。

あと「でも積極的に支援しなくてもいい」ということも一応付け加えます。

 

自分達の視点から考えると、真似をされて初めて一人前に近い位置に来たのだと自己評価して良いでしょう。

真似をされるということはサービスが上手く行っているという評価の裏返しだからです。

 

新しいサービスを作るプロセスは、良くも悪くもまず模倣からのスタートだと思います。

誰もがまったくのゼロから何かを創造することは出来ないのではないでしょうか。

(※まったくコピーをして良いと言う意味ではありません)

 

ここは重要だと思うのですが、実際のところサービスを選ぶのはお客様です。

市場には同じようなサービスはいろいろありますし、常に参入があり、それぞれの強みで勝負しています。

 

つまり今回の出来事から、自分達もいろいろ学んでさらにサービスを差別化してゆく必要が出たという認識を持つ必要がある、ということです。

本記事では他サービスの模倣を推奨しているわけではありませんが、このようなケースをきっかけにサービスが飛躍することも多いということをスタッフに伝えたいと思います。

 

ここまでお読み頂き有り難うございました。

またのご利用をお待ちしております。