イシューを特定する 〜 「クリティカルシンキング」

学び

 

 

会議があらぬ方向へ行ってしまう

 

 

さまざまな会議に参加していると、議論があらぬ方向へ行ってしまうことってありませんか?

 

僕は沢山経験があります!(笑)

 

これってどうしてなんだろうか?ってずっと思っていたのです。

 

参加者のみなさんが主張していることはそれぞれが正しいのに、出てくる解決策がどこか偏りがちだったり…

 

クリティカルシンキングはそんな傾向を改善できるツールといえそうです。

 

 

自分の思考の癖を客観視する

 

 

私たちは自分が思っている以上に、思考に癖を持っています。

 

普段はそれに気付かないことが多いです。それは「強みの裏側」といえるのかもしれません。

 

しかし大きな課題解決を行うためには強みを維持しつつ、客観的な視点を持つことも必要といえそうです。

 

 

クリティカルシンキングでは

 

 

クリティカルシンキングでは、議論の前提条件が「本当に正しいのか」と疑問を持つことからスタートします。

 

これをイシュー(何を考え、論じるべきか)といいます。

 

「何を考えるべきか」「受け手の関心は何か」を熟考し、「考え、論じる目的」を押さえることにより、その後の論理的思考につなげていきます。

 

 

まとめ

 

「クリティカルシンキング」「イシューを特定する」に関する学びを記事にさせて頂きました。

 

 

 

投稿者プロフィール

菊地登志雄
菊地登志雄
次世代型印刷通販サービス「同人誌印刷のきょうゆう出版」「相談出来る冊子印刷の協友」などを運営する協友印刷株式会社の専務取締役。1971年11月16日生まれ。O型。詳しくはこちら