ダイエット記録取り、最初はシンプルでいい

日記

2018年9月13日の日記

まずは記録を取る準備をした

 

ダイエットを始めるにあたり一番最初に行ったこと、

それは「記録を取る準備をする」ことでした。

・体重の記録
・食事の記録
・運動の記録

3つのデータを用意しました。

 

最初はシンプルでいい

 

一番最初に準備した記録データは今に比べてとてもシンプルなものでした。

振り返ってみるとダイエットはステージによってやるべきことが違ってくるので、最初はシンプルで問題ありません。

行動を改善しながら記録内容を改訂する方法をお奨めします。

自分はそのほうが楽しいです。

2カ月前の記録を振り返ると成長を感じられたりするので、達成感が出てきてモチベーション維持に繋がっています。

自分の場合、

・体重 あすけん
・食事 あすけん
・運動 エクセルシート

今もこの3つで管理しています。

 

記録を取ることの良さ

 

強力にモチベーション維持することが出来るのが、毎日記録を取ることの良さです。

結果として健康管理の精度がどんどん上がり、

食事やストレスに対して身体がどのような反応をするか予測出来るようになっている気がします。

従ってメンタル面でも良い影響を得ることが出来ます。

 

まとめ

 

ダイエットを始めたさいに行ったことについてまとめてみました。

このときは12月初旬で仕事の繁忙期に当たっていました。

繁忙期といってもPC前で座っていることが多く体重が増えてしまうのが悩みで、
これがダイエットを始めたきっかけになりました。

仕事は忙しいけど動いていないのだからむしろ食事制限をして痩せてしまおう、
と考えたのです。

それが良かったかもしれません。

投稿者プロフィール

菊地登志雄
菊地登志雄
次世代型印刷通販サービス「同人誌印刷のきょうゆう出版」「相談出来る冊子印刷の協友」などを運営する協友印刷株式会社の専務取締役。1971年11月16日生まれ。O型。詳しくはこちら