インターネットの通信接続費用がゼロになる


 

2020年8月、インターネットの通信接続費用がゼロになったので、以前の状態と比較してみようと思う。
2020年8月
スマホ:0円。楽天UNLIMIT2.0(2020年8月まで無料)・4G利用制限無し・SIMフリー端末
自宅:0円。集合住宅の管理費用に含む
2013年8月
スマホ:月額9,000円(端末代金含む・月30GB位)+通話料
ポケットwifi:月額2,400円
自宅回線:月額5,000円
厳密にいうと、集合住宅の管理費、SIMフリー端末スマホは無料ではないが、気分的にかなり違う。
2013年時点は1年間に20万円近く、通信料を支払っていたことになる。
当時はイベント会場先での顧客対応の仕事でネットの常時接続が必要だったので、スマホに加えてポケットwifiも持ち歩いていたのだった。
その頃から少しづつ外出先でノマドワークを行うようになってきていたのを思い出す。
しかし、2020年現在ネット関連費用が減っているのかと言えばそうでもない。
2020年の現在はサブスクリプションサービスに課金することが多くなっている。
・YouTube動画プレミアム機能(広告を外すオプション機能・月額課金)
・テレビ東京オンデマンド動画(WBSなど経済番組をオンデマンド配信)
・アドビクリエイティブクラウド(フォトショップ・アクロバットなど)
・その他コンテンツ系(電子書籍・動画・雑誌・メルマガなど)
この記事では、僕の経験からネット接続費用はなるべくゼロにして、その費用を有効活用出来るコンテンツに振り分けることをお薦めしたい。
例えばYouTube動画プレミアム機能。
最近のYouTubeは教育系コンテンツの質がとても高い。以前は専門学校で教えていたような内容を実際の講師が無料配信している。
なぜなら、配信者からみるとアクセス数が伸びると収益に繋がるし、わざわざ学校で授業をしなくても済む。
YouTubeの場合、アクセス数が見込める初心者向けコンテンツが充実している。
どんな学習をしたいのか探していたり、初級者のうちはYouTubeの広告を外して学習することで十分かもしれない。
ただし、僕は学校に通うことも良いと思っている。コミュニケーションを取ることが出来るので、学習スピードと深さが違うと思う。

 

まとめ

ここまでお読み頂き、ありがとうございます。

本記事ではインターネットの通信接続費用がゼロになるをお届けしました。

当ブログへのまたのお越しをお待ちしております。

 

合わせて読んでほしい記事