自宅保管のアナログ写真600枚をデジタル変換したら快適になった~ 節目写真館


ゆる~いミニマリスト生活を始めてから半年が経ちましたが、今回はアナログ写真をデジタル化する試みを行ってみましたので、その様子をシェアさせて頂きます。

写真はアルバム形式になっている状態、点数約600枚で、デジタル化は節目写真館というサービスを利用させて貰いました。

 

サービスを申込む

 

2019年10月中旬、ウェブサイトから写真デジタルデータ化サービスの申込みを行いました。

 

アルバム・写真を発送する

 

自宅に送られてきた発送キットの指示に従って写真・アルバムを宅急便で発送します。とりあえず国内センターへの送るみたいですね。

 

添付されてきた指示書の該当項目を記入して一緒に送ります。

 

見積りを貰い、正式な申込みを行う

 

アルバムを発送してから暫くして、メールで見積りが届きました。

アルバム1冊・ポケットアルバム1冊・バラ写真2束で約15,000(税込)でした。この中には発送キット・写真補正・基本料金が含まれています。

納品までの時間が遅いほど価格が安くなるらしく、個人的には急いでいなかったため、今回はベトナムで作業を行う納品まで3カ月~4カ月ほど時間が掛かるコースを選択しました。

 

デジタルデータを受け取る

 

最初の申込みから4カ月ほど経ってから、メディアでデジタルデータが届きました!

 

 

上記の様にアルバムや写真の形状に合わせてフォルダ分けされて納品されています。

 

 

写真の仕上がり

 

デジタルデータ化された写真の品質は良いと感じています。

僕は印刷会社でスキャニングの仕事もしていたのですが、凄く綺麗になっているというよりはアナログ写真そのままを生かした仕上がりになっているように思います。

 

 

 

 

感想

感想としては、特に写真をデジタル化したことによる利便性に満足しています。

アナログのアルバム・写真の保管場所を取る必要がなくなること、デジタルデータと一緒にまとめて管理が出来ることは快適です。費用対効果を感じることが出来ました。

僕はiOSのアプリで写真管理をしていますが、デジタル化した写真が自動で時系列に収まったので、手動でアルバム管理をしなくて良かったのも便利でした。

 

まとめ

ここまでお読み頂き、ありがとうございます。本記事では、自宅で保管してあったアナログ写真600枚をデジタルデータに変換しましたという内容をお届けしました。何かのお役に立てれば幸いです。

当ブログへのまたのお越しをお待ちしております。

 

合わせて読んでほしい記事

関連記事