書店街や現代アート集積地を訪問した上海出張3日目 その1

日記

 

 

書店街や現代アート集積地を訪問した上海出張3日目 その1

 

 

上海出張3日目。

3日間を通じて天候はずっと小雨か曇り空。

涼しいのがありがたい。

 

 

 

朝食にお粥を頂く。

ダイエットを始めてから普段朝から炭水化物をいただくことは無いが、よく歩くので体力作りとして。

やさしい味で美味しかった。

 

 

上海市内の書店街へ訪問

 

 

 

この日の午前中は上海市内最大の書店街を訪問。

月曜日午前中なのでほとんど人がいない状況だったが、そのぶんゆっくり観ることが出来た。

いろいろな気付きを貰えて感謝。

 

 

中国らしく食に関する書籍も多い。

 

 

 

上海版アニメイト。

 

 

写真がぶれてしまっているが織田信長に関する中国語書籍。

 

書店巡りをしていると、思っていた以上にこちらでの日本へ関心は高いと感じる。

書籍・音楽などは日本のマーケティング手法を意識した内容と感じる部分は多い。

良いと思うことを取り入れる柔軟性を感じることが出来た。

ある種、合理的であるともいえる。

 

 

上海ワールドフィナンシャルセンター(上海环球金融中心)を訪問

 

上海ワールドフィナンシャルセンター。100階建ての高層ビル。

 

上海ワールドフィナンシャルセンター(上海环球金融中心)へやってきた。

こちらは森ビルが建築した100階建ての超高層ビルということで、勝手に応援をしたくなりまた興味もあり訪問。

残念ながらこの日は天候が悪く、ほとんど景色は見えなかった。

中国国内観光客の方々とおぼしき一団と一緒に回り、ものすごいアウェー感を味わう笑

 

1人海外出張に来る理由のひとつにこれがある。

年齢を重ねると自分の居場所や仲間から離れられず壁をつくる傾向があり、成長出来なくなると自覚している。

今日も鍛えられたが、それにしてもきつかった笑

 

 

まとめ

 

3日午前中の記録でした。

 

 

 

 

投稿者プロフィール

菊地登志雄
菊地登志雄
次世代型印刷通販サービス「同人誌印刷のきょうゆう出版」「相談出来る冊子印刷の協友」などを運営する協友印刷株式会社の専務取締役。1971年11月16日生まれ。O型。詳しくはこちら