リーバイスのジーンズを10年振りに購入した後にブランディングについて考えてみた

ECサイト運営

 

こんにちは。意外と服が好きなきくさんです。

今回、ダイエットに関する自分へのご褒美としてジーンズを久しぶりに購入しようと思い、

休暇を利用してお店に行ってきました。

 

ジーンズはどこで購入?最近はどうだろう..

 

ジーンズを購入する際に、どのブランドを利用していますか?

お気に入りのブランドもあるかもしれませんが、近年はユニクロなどファストファッションが主流な気がします。

実際僕も衣料品購入に関しては、安いし高品質なのでほとんどネット通販を利用しています。

ですが、今回はジーンズを購入するにあたりリーバイスのジーンズを検討して自宅最寄りのお店を検索。

理由は後述するとして、早速リーバイスショップに行ってきました。

 

 

リアル店舗に来ること自体が久しぶり。

平日なのであまり人はいない。

 

 

専門店らしく多種多様なジーンズが並ぶ。いろいろな種類を実際に目で見て選べるのはうれしい。

今回はこのスキニータイプ(やわらかい素材)を購入することに。

休日や出張などでの利用を考えると、着ていてラクなほうが良いかな。

 

 

試着してみます。

ジーンズ専門だけあって安心感ありますね。

 

 

実際に購入した製品。

品質的には満足がいく内容になりました。

価格は少し高めかもしれません。

 

ジーンズ購入を通してブランディングを考えてみる

 

今回購入したジーンズですが、ファストファッションやネット通販で購入するよりも1.5倍ぐらい価格が高いと思います。

なので、正直少し勇気が入りました笑

それでも私がリーバイスのジーンズを購入した理由をブランディングの観点からリストアップしたいと思います。

 

・ブランドに対する信頼(過去の購入・利用履歴による)

・リスク回避(いまいち合わなかったりしてもあとから交換出来ない品物だから)

・購入を急がない製品だったから

 

上記あたりかなと思います。

 

ブランディングをすることで同じ商材でも価格に左右されない

 

興味深いのはブランディングをすることで同じ商材でも価格に左右されないということです。

競争があっても意識せずにすむことにつながります。

 

 

補足

 

ネット通販の要素をふくめた感想です。

 

・製品を特化したブランドに関しては、強みにエネルギーを集中しているため基本的に間違いはないだろうという予測がある。

・逆にいうとオールラウンドな品揃えをしている場合、製品を細部まで詰めているのかという問いかけが出てくる。

・ネット通販の場合は、レビューがこの詰めに当たる。

・レビュー掲載がないぐらいの中小ECの場合、SNSでの口コミが活用されたりする。

 

まとめ

 

今回、久しぶりに購入したジーンズにブランディングをかけた記事を書いてみました。

自分の購買行動をかえりみて「どうしてブランディングされた製品を購入してしまうのか」

という点について参考になるように思いアウトプットさせて貰いました。

 

もう1記事いかがですか?

 

 

 

投稿者プロフィール

菊地登志雄
菊地登志雄
次世代型印刷通販サービス「同人誌印刷のきょうゆう出版」「相談出来る冊子印刷の協友」などを運営する協友印刷株式会社の専務取締役。1971年11月16日生まれ。O型。詳しくはこちら