特殊紙ファンシーペーパー ~ 用紙見本帳を見て触るのは楽しい!

ものづくりの現場

 

特殊紙ファンシーペーパーという分野があります。

独特の風合いがあったり、キラキラしていたり..

印刷会社は見本として、こういった特殊紙見本帳を沢山並んでいます。

これを見たり触ったりするのが好きな人が沢山います。

中には1日中でも飽きないという猛者も笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

 

まだまだ種類がありますが、

これだけのバリエーションがあるのは日本のものづくり文化が影響していると思っています。

残念ながら近年の電子化の影響でどちらかというと特殊紙の種類は減る傾向にあるような気がしていますが、

用紙文化は素晴らしく、残っていく分野だと感じています。

 

本ブログでも用紙の楽しさをご紹介させて頂きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

投稿者プロフィール

菊地登志雄
菊地登志雄
次世代型印刷通販サービス「同人誌印刷のきょうゆう出版」「相談出来る冊子印刷の協友」などを運営する協友印刷株式会社の専務取締役。1971年11月16日生まれ。O型。詳しくはこちら