第5回「日本美術展覧会(日展)」を観に国立新美術館へ行ってきました

日記

 

 

第5回「日本美術展覧会(日展)」を観に国立新美術館へ行ってきました

 

 

三連休最終日、国立新美術館で開催されている「日展」へ行ってきました!

自分には毎年恒例となっています。

 

 

この角度からの風景がとても良く、思わず写真撮影してしまいました。

 

 

チケット。

デザインが良い感じですよね。

いつもは叔父から頂くチケットを持参するのですが、当日は入場券を購入。

 

 

 

 

今年から作品の写真撮影が許可になった日展。

とても良い取り組みではないでしょうか。例年よりも活性化しているように思いました。

 

 

 

 

私のおじである石原昌一の作品「おどる」。

彼の作品を観に、毎年日展にお伺いしています。

 

 

国立新美術館はテラスもお薦めです。

 

ビールでひといき。

 

まとめ

 

3連休の最終日、国立新美術館開催「日展」に行ってきました。

日展では会員皆さんの多彩なジャンル(日本画・洋画・彫刻・工芸美術・書」を見学することが出来ます。

自分は工芸美術や書も好きで、今回楽しんできました。

今年から作品の写真撮影もOKになり(必要条件あり)、ますます活気が出てきているようでうれしかったです。

いつか作品づくりに携われるといいなと思いつつ。

 

 

 

投稿者プロフィール

菊地登志雄
菊地登志雄
次世代型印刷通販サービス「同人誌印刷のきょうゆう出版」「相談出来る冊子印刷の協友」などを運営する協友印刷株式会社の専務取締役。1971年11月16日生まれ。O型。詳しくはこちら