Keynoteを利用する資料制作とプレゼンテーションが楽しいのでご紹介

日記

 

今年に入りプレゼンテーションをする機会が増えている。

資料制作や当日の発表にはKeynote(キーノート)を利用している。

このアプリがすっかり好きになってしまったので、遅まきながら本文ブログでもご紹介したい。

 

直感的な操作が気持ち良い

 

一番気に入っている点は、マニュアルが必要ないほど直感的に利用できることだ。

テンプレートがシンプルでスライドの入れ替えや差し込みが楽。

用意されているレイアウトも良い感じである。

 

利用したいと思えるレイアウトになっている。

 

iPhoneから直接スクリーンに投影できる

 

次に気に入っている点は、iPhoneから直接スクリーンに投影できること。

別途Apple TVが必要だが、とても便利なので紹介したい。

スマホを持ってプレゼンをする姿は演出に一役を買ってくれる。

 

iPhone画面

動画を入れると楽しい

 

動画を入れることが出来るのも楽しい。

ライブ感が観ている人を楽しませるし、情報伝達の力が強いので効果的。

それにプレゼンの時間を調整することも出来る笑

注意点としてKeynote上では上手く動かない場合もあるので、別途YouTubeなどに予備を用意すると良いと思う。

 

 

まとめ

 

その他、icloudサービスに入っていればウインドウズでも編集が出来るなど便利な点も。

以前はワードでシンプルなプレゼンをしていた自分だが、Keynote利用が続きそうである。

投稿者プロフィール

菊地登志雄
菊地登志雄
次世代型印刷通販サービス「同人誌印刷のきょうゆう出版」「相談出来る冊子印刷の協友」などを運営する協友印刷株式会社の専務取締役。1971年11月16日生まれ。O型。詳しくはこちら