セリフ切れ予防のために仕上りラインから3mm内側へデザインをおさめる必要がある理由

きょうゆう出版

 

漫画原稿制作の注意点についてです。

 

セリフ切れにご注意ください。

 

入稿データをチェックしているさいに見かけることがあるのが「セリフ切れ」です。

テンプレート上では枠内に入っているようにみえても、仕上がりラインにぎりぎりだと実際に本にしたさいにセリフなどがきれてしまうケースが見受けられます。

セリフなど確実に表現したい内容については「テンプレートの仕上がりライン」から3mm位内に納めることを推奨させていただきます。

 

3mm位内である理由

 

印刷会社で本を製本する際には、仕上がりに断裁という工程があります。

断裁機は精密な機械ですが、さまざまな理由から仕上がりラインから3mm位内の誤差が発生することがあります。

そうした「ユレ(誤差)」を吸収するために、ある程度余裕を持ったデザインが必要になります。

 

お問い合わせ・ご要望はこちらから!

 

お問い合わせやご要望に関しては、こちらのお問い合わせフォームからご連絡頂きますようお願い申し上げます。

 

投稿者プロフィール

菊地登志雄
菊地登志雄
次世代型印刷通販サービス「同人誌印刷のきょうゆう出版」「相談出来る冊子印刷の協友」などを運営する協友印刷株式会社の専務取締役。1971年11月16日生まれ。O型。詳しくはこちら